所長ブログ

2014年2月27日 木曜日

離婚による慰謝料の請求について

離婚による慰謝料が認められるのは、どのような場合でしょう。
法律では、故意や過失によって他人の権利利益を侵害した時、生じた損害を賠償する責任があるとしています。

どちらか一方に責任があって離婚する場合には、慰謝料を請求することができるわけです。
例えば、相手が浮気をしたとか、むやみやたらと借金をして生活費を渡さないとか、暴力行為があったなどが挙げられます。

ご自分で相手に慰謝料を請求しても、応じてくれることは稀です。
何らかの行動を取る前に、法律のプロに相談する方が効果的です。
慰謝料請求は、内容を吟味し内容証明書類を作成し、送付するなどの方法があります。

東大阪、大阪にお住まいで、離婚や離婚の慰謝料についてお悩みのある方は、当事務所までお気軽にご相談ください。
丁寧にお話しを伺います。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所

〒586-0015 大阪府東大阪市高井田元町1丁目2番6号

最寄り駅
河内永和駅

営業時間
平日9:00~18:00、土曜日9:00~13:00

定休日
日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら